発着信システム

製品概要

近年、電話対応でのカスタマーサービス向上をお考えのお客様が大変増えております。本製品では、そのニーズに応えPBXに残る発着信情報を蓄積し、検索・履歴発信・統計情報といった情報を、よりスムーズに企業内へ展開する事で、カスタマーサービス向上の実現に向けたシステム環境をご提供します。

発着信システムとは

発着信システムでは、内線転送された元の着信外線情報や、内線より発信された外線電話番号を明確に記録する事で、PBX上にある様々な情報をデータベースにより一元管理し、今までに見えていなかった情報をキーに色々な切り口で情報の検索を実現しています。

CSVデータモデル

検索された結果は、CSVとして出力する事も可能となっており、外部ソフトウェア等を利用する事で自社にとって必要なデータモデルとしご利用する事も可能となっております。
また、CSVデータをMicrosoft Exce等を利用することで保存されているデータを視覚的に確認する事が出来るだではなく、自社で管理されている顧客データと連結する事でPowerMAP機能等を利用し,より視覚的に判断できるヒートマップ等へ展開、今までより「より視覚的に」ビジネスを行っている地域やウェイトを理解できます。

お客さまご自身でカスタマー動向を調査する場合であってもCSVデータをベースに角度を変えた調査がスムーズにおこなえます。

グラフ ヒートマップ
POINT!

内線着信履歴の見える化 外線着信での転送であってもどの内線へ転送し通話しているのかが一目瞭然。

内線発信履歴の見える化 どの内線から外線が発信されているのか、通信時間はどれくらいなのか。

発着信情報のCSV出力 各種の統計情報をCSVへ出力する事で様々な情報を評価分析する事が可能に。

お問い合わせ